大河原まさこ 全国比例区でチャレンジ

2016年6月22日 01時16分 | カテゴリー: 活動報告

新百合ヶ丘駅でアピール

新百合ヶ丘駅でアピール

町田駅で 東京生活者ネットと神奈川ネット合同駅頭

町田駅で 東京生活者ネットと神奈川ネット合同駅頭

参院選公示の2日前、小田急沿線街宣を行いました。大河原まさこは、お隣世田谷区 喜多見が地元で、東京生活者ネットの世田谷から、東京都議会議員10年、参議院議員6年勤められています。今回、参議院 全国比例区から再チャレンジです。

小田急線沿線 狛江、登戸、新百合ヶ丘、町田を電車に乗り継いで次々街頭演説し、市民にアピールしました。市民感覚から離れた国会議員が多すぎることをこの間実感され、市民のいのち、生活、子どもの未来を大切にするために働きたい と訴えられました。

新百合ヶ丘駅南口では、ネット支援者、ママの会のメンバー、一般市民の方もマイクをもつなど、にぎやかな駅街宣となりました。

今、政府与党の暴走は目に余ります。参院選が終わったら、憲法改正にむけて着々と進めるでしょう。自民党の憲法改正草案では、国民は天皇の臣下となり、安全保障と称して国防軍ができ、国会を通さずに、政府がなんでもできる緊急事態条項が新設されます。これは、憲法9条改正より怖いことです。東京都知事の一連の不祥事も目に余ります。地道な日ごろの活動と誠実な人柄こそ、政治家に求められます。

神奈川ネットワーク運動とともに歩んできた、全国のネットワーク運動で支援し、又、母体である生活クラブ生協も、勝手連として全面的に応援している、大河原まさこさんをぜひ国会へと送り出しましょう。