古沢の森 自然観察会

2009年4月16日 02時01分 | カテゴリー: 活動報告

4月11日(土)ネット・あさお主催で、病院建設で間もなく一部が消えてしまう古沢の森の自然観察会を開催しました。新百合ヶ丘駅からわずか7分ほどのところに古沢の森があり、県道から少し入った細い山道を上ると、竹林や雑木林の奥に大きな畑が広がっています。初夏の強い日差しの中、緑の影に入ると自然のクーラーで、これだけの緑がなくなると、環境にも少なからず影響を与えると思いました。川崎市青少年科学館の、自然観察指導員の方の説明を受けながら、住宅地ではほとんど見られることの無いカントウタンポポなどを見ることが出来、様々な植物が息づいている古沢の生態系の豊かさに感動。同時に緑地保全のむずかしさを感じ、これからも自然観察会を開きながら、緑の問題を考えてきたいと思います。