種子法廃止で日本の食料はどうなる?

2018年5月16日 18時45分

5月31日(木)10:00~12:00

麻生市民館 第1会議室 (小田急線 新百合ヶ丘駅北口徒歩2分)

講師:(いん)(やく)智哉さん

アジア太平洋資料センターで研究部門担当、ブラジル社会経済分析研究所で日本資本の影響を研究、JCA-NET設立・事務局長、Greenpeace、オルタトレードジャパン政策室長を歴任。現在、日本の種子を守る会・事務局アドバイザー

4月から「主要農産物種子法」が廃止になります。遺伝子組み換え作物の作付け拡大で巨大化した多国籍企業が本格的に日本の農業に参入することも懸念されます。私たちの食料事情がどうなるのか、一緒に考えましょう。

★参加費無料

★保育あり お子さんの年齢お名前をお願いします。

申し込みはこちらへ   締め切り 5月24日

神奈川ネットワーク運動・あさお

044‐953‐6568☎またはFax メールnet-asao@jcom.zaq.ne.jp

主催:神奈川ネットワーク運動・あさお

共催:生活クラブ生活協同組合 たまコモンズ・あさお東コモンズ・あさお西コモンズ