参院選を終えて

2016年7月11日 22時51分 | カテゴリー: 活動報告

10 日投開票の参議院選挙は、自・公で改選 議席の過半数を上回り、憲法改正の3分の2を占める結果となってしまいました。全国32の1人区での野党共闘も、11にとどまり、沖縄と福島では現職閣僚が落選、青森・岩手・ 宮城・山形で野党候補が競り勝つなど成功したところもある一方で、西日本は保守勢力が強く、くずすことができませんでました。

神奈川ネッ トは、全国市民政治ネットワークとともに総力をあげて大河原まさ こさんを支援しましたが、結果は、全国で 71,398 票、 神奈川で 9.258 票と残念ながら議席に届きませんでし た。組織や知名度が大きく影響する比例代表選挙区の 難しさを実感しました。

18歳、19歳、20代、30代 の若い層の40%が自民党支持、民進党は25%程度 という数字に驚きました。組織やしがらみに左右されていないはずの若い層が、何をみて投票したのか、疑問が残ります。

アベノミクスの成果や、憲法改正に向かう姿勢、日本会議の実態など、真実を見る目を養い、政治への関心や、参加の意識を高める必要性をますます感じました。神奈川ネットは、共に生きる日々の実践により、地域から平和や人権が根づく社会を創り出すことに努力します。