一時保育調査をすすめています

2009年6月16日 01時48分 | カテゴリー: 活動報告

神奈川ネットワーク運動では、子育て支援プロジェクトを立ち上げ、県内の一時保育の状況を調査しています。ネット・あさおでも、麻生区内の保育園のなかで、一時保育を行っている園をに聞き取り、またはアンケート調査をしたところ、認可保育園では、2か所あり、認定保育園、地域保育園でも若干数の園が行っていますが、大変少ない状況です。週4日以上就労しているお母さんたちには、待機児童が多いとはいえ、認可保育園に入ることができて、多額の公的資金が使われていますが、週3日以下のパート的な就労をしているお母さんたちには、道が閉ざされています。聞き取り調査の結果でも、仕事を見つけるまで預かってほしいという希望が増えている、又、在宅でも、第2児を出産のためなど、一時保育のニーズは増えています。少子化がますます進む中で、幅広い保育の場を用意することが必要です。