まちづくりサロン「地域から見えてくるもの」

2005年7月22日 11時07分 | カテゴリー: 活動報告

ー子どもたちに残せる自然はあるか?ー

麻生市民館 第2会議室にて、「麻生水辺の会」の石井よし子さんをかこんで、麻生区の水環境、里山の保全の活動などを通して麻生のまちに暮し、地域の暮らしを守るというテーマで、意見交換をしました。参加してくださったみなさんも、麻生川などの近隣の川の保全、農地保全などに関心の高い方ばかりで、麻生川をきれいにするにはどうしたらよいかなど活発な意見がでました。佐藤議員からは、6月議会質問で、浸透性のある枡を舗道に使う、麻生川を高齢の方などの散歩道としてベンチをおく、100mごとにしるしをつけるなど親しみのあるものにするなどの提案をしました。
又、ネットあさおでも取組の進んだ川のウオッチングなど企画したいと思いますので、ぜひご参加ください。